【ダイキン空気清浄機87万台リコール、発火の恐れ】

ダイキン空気清浄機87万台リコール、発火の恐れ

読売新聞 04月09日

 ダイキン工業は9日、2006年8月から10年1月まで製造した家庭用空気清浄機58機種に、フィルターの発火や部品の発熱の恐れがあるとして、国内外で販売した計87万台を無償点検・修理(リコール)すると発表した。

 発火や発煙事故は、08年8月から10年2月まで国内で8件起きた。

 ちりやほこりを吸着するフィルターと、ほこりなどに帯電させるための電線が接触して放電し、発火につながる可能性があるという。修理後は、電線がフィルターに触れない構造にする。

 問い合わせは0120・330・696へ。

この記事へのコメント