【アレルギー治療のカギ?】

アレルギー治療のカギ?新種リンパ球発見

 慶大2010年1月8日10時30分

ナチュラルヘルパー(NH)細胞と名付けられた新種のリンパ球。右下の黒線は20マイクロメートル=ネイチャー提供
 慶応大学の茂呂和世研究員らは、免疫を活性化させるたんぱく質を大量に作り出す新種のリンパ球を見つけた。研究グループは「ナチュラルヘルパー(NH)細胞」と名付けた。将来、花粉症やアレルギー疾患を治療する手がかりになりそうだ。英科学誌ネイチャーに論文が掲載された。

 リンパ球はB細胞、T細胞、ナチュラルキラー(NK)細胞などに大まかに分けられる。グループはマウスの腸の近くの脂肪組織から新種の細胞を発見した。マウスにこの細胞があると、免疫を活性化させるたんぱく質Th2サイトカインが大量に作られることがわかり、NH細胞と名付けた。ヒトにもNH細胞と思われる細胞を確認した。

 体内にTh2サイトカインが増えすぎると花粉症や食物アレルギー、ぜんそくなどを起こすと考えられている。小安重夫・慶応大教授は「NH細胞を制御できればアレルギー疾患の治療に役立つかもしれない」と話している。

この記事へのコメント