【講師紹介】第16回全国患者会

【河野泉先生】
市川市民診療所前所長 アレルギー外来
医師になり41年目、37年間食物アレルギー・MCS患者の
診療に当たってきた。
・著書
 「食と人間形成」(共著.青木書店)
 「アレルギーと食べもの」(共著.芽ばえ社)
 「食物アレルギーの脅威」(桐書房)他
・訳書
 「マンデル博士のアレルギー治療法」
 (M.マンデル他著 桐書房.)
 「ランドルフ博士の新しいアレルギー根絶法」
 (T.G.ランドルフ他著 桐書房)

【三好基晴先生】
医学博士 臨床環境医 ホスメック・クリニック院長
アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患,化学物質
過敏症,電磁波過敏症などに対して一切薬を使わず、衣食住の
生活環境を改善する診療をしている。
・著書
 「アトピー性皮膚炎は恐くない」(三一書房)
 「危ない化学物質から身を守る」(KKベストセラーズ)
 「病気の迷信」(花書院) 「健康のトリック」(花書院)他
・共著
 「買ってはいけない」「買ってはいけない2」(金曜日)

【大久保貞利氏】
電磁波問題市民研究会事務局長
カネミ油症被害者支援センター(YSC)共同代表
コンピュータ合理化研究会事務局スタッフ
電磁波から健康を守る百万人署名連絡会議共同代表
・著書
 「誰でもわかる電磁波問題」(緑風出版)
 「電磁波過敏症」(緑風出版)
 「環境ホルモンってなんですか?」(けやき舎)
・共著
 「コンピュータの急所」(三一新書)
 「インテリジェント・ビル症候群」(技術と人間)他

この記事へのコメント