【2008年第1回臨時総会議事録から】2008年7月5日

2008年7月29日正式に取得できました。
議事次第目次  
議案【「かなりや塾・鹿島灘」取得について】

,,,,,,,,,

(1)「目的」については理事長から以下のような説明があり全員一致で承認された。

・「かなりや塾・鹿島灘」は患者団体として必要な場所作りであり、始めの1歩的な
 ものである。この1歩から各地に「かなりや塾」が増えていくことを願う。
 各地の患者や市民が力を合わせて、必要な場所を確保できるようみんなで
 努力していきたい。。
・避難・研修・癒しの場所として会員の特定非営利活動に係る事業として、
 ①体調回復活動 ②社会復帰活動を進め、その効果を上げる。
,,,,,,,,,
,,,


(2)「運営」については理事長から説明があり、全員了承した。

・特定非営利活動法人全国化学物質過敏症患者会(以下「NPO法人全国患者会」
 という)は、購入物件を「かなりや塾・鹿島灘」と命名し、固定資産税を全会員で
 支払う。(1人年に200円)
・「化学物質過敏症患者の会」が「NPO全国患者会」より委託され運営する。
・会員が公平なサービスを受けられるよう配慮した利用計画をたてる。
・NPO会員に会費を支払った順にワンウイーク(1週間)を割り当てる。翌年はシー
 ズンをずらして割り当てる。会員はその週を使う時には事前に予約を入れる。
 予約がない場合他の会員が予約できるが、空きが有れば年間に最高10回ま
 で申し込みができる。
・「かなりや塾・鹿島灘」の料金は、通常1週間分前料金で1万円を支払う。
 通常は鍵を送り行ってもらうが、有料での送迎も可能。(行き・帰りとも1,000円)
・室内は1LDKでCS・ESの主に女性向きであるが、会員を含む夫婦、親子、兄弟、
 姉妹で1組かぎりの使用とする。(1組複数の場合は事前の話し合いで決める)
・NPOと患者の会の会員は患者以外でも上記の条件で"癒し"目的で使用できる。
(酒、タバコ、カレー、合成洗剤、花火、蚊取り線香、殺虫剤、芳香剤、EMなど禁止)
・CS、ES患者の場合、電気製品、家具類、寝具、食材、食器、調味料など個人差
 が大きいので、基本的には各自が宅急便、宅配などで持参して下さい。
・水は井戸水です。飲料水については、安全な水を自前で調達して下さい。
 買い物もスーパーはあるが、自分達の馴染みの水や食材は宅配、宅急便で届
 けてもらうなど、安全な生活が過ごせるようご協力下さい。ごみは持ち帰りです。
・田舎なので排水設備が整っていません。炊事、洗濯、風呂、シャワーなど節水し
 てください。緑が多いので蜂、アブ、蚊、毒虫に刺されないよう気をつけて下さい。
・管理人は常駐ではありません。管理人は必要な場合には要項を新設しながら、
 利用者の方々にもご協力いただき、体調回復に有効な運営を心がけます。
,,,,,

(3)「資金」は下記の条件とし、運営は[化学物質過敏症患者の会]に委託する。
・海老原節子氏が「NPO全国患者会」に「かなりや塾・鹿島灘」の物件購入の資金
 (当初掛かる費用込み)250万円を、長期借入金として利子(年1%)で用意する。
・返済計画は25年で年に10万円とする。「NPO全国患者会」が解散する場合には、
 「かなりや塾・鹿島灘」の家・土地を海老原節子氏に渡す処理をする。
・「かなりや塾・鹿島灘」の運営については、「NPO全国患者会」の母体「化学物質
 過敏症患者の会」に全面的に運営を委託し、「NPO全国患者会」の支出は固定
 資産税分のみとする等2008年7月5日第1回臨時総会で全員一致で承認された。

(4)「その他」については改善を売主と仲介業者に要望した報告をし、了解された。

・電線が敷地の上空を少し横切っているので、東京電力に電線を移転してもらう。
・2年前にリフォームし古い畳が心配なので、畳は取り除きフローリングにしてもら
 い、室内空気の測定(ホルムアルデヒド等)もする。
・浄化槽の空気ポンプの取替え、雑排水に枡も設けてもらう、伸びた木々を切っ
 てもらう、焼却炉は敷地の端にどかしてもらう、過去の修理箇所を見せてもらう。
【改修箇所】
,,,,,,,,,,,,
・電線もそばの電線に引っ掛けて、道路上30cm出る形で改善した。
・ホルムアルデヒド値は押入れ、フローリングとも国の基準値以下でした。
・浄化槽のポンプ取替え、雑排水の枡、伸びた木々も切ってもらった。
・焼却炉も移し、過去の補修箇所もきれいに直っていた。

この記事へのコメント