【企画書】2回目「関西患者会・医師・弁護士」

【企画書】
 テーマ
 「誰にでもおこりうる"化学物質過敏症"」


★2回目[関西全国患者会]は[アピオ大阪5F 錦]で開催します。
 定員105名です。
 日時は2007年2月12日(振替休日)。午後1:00~4:30です。
 講師の先生お二方をお呼びして開催いたします。
 関西の患者さん、市民の方々お誘い合わせでご参加ください。
  なお、患者さんはマスク持参、一般の方は香水・整髪料・服の
 防虫剤など臭いの出る物は身につけないでおいで下さい。

ご講演いただく講師の先生は
 吹角 隆之医師・・ふくずみアレルギー科
 中下 裕子弁護士・・
  ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議事務局長
 です。



吹角医師 (案) ( 1時間 )

・化学物質の健康被害
  シックハウス症とは
  化学物質過敏症とは

・化学物質過敏症の種類は
  空気化学物質過敏症
  食物化学物質過敏症
  接触化学物質過敏症

・化学物質過敏症の対策は
  医者の立場から
  患者さんには
  学校においては

・まとめ
  今後の問題点について



中下弁護士 (案) ( 1時間 )

・化学物質の健康被害裁判例について
  20年前
  10年前
  現在
 シックハウス症での見込み
  現在と将来
 化学物質過敏症での見込み
  現在と将来
 「予防原則」と「患者の人権」

・家庭の中の環境ホルモンについて
 合成洗剤
 殺虫剤
 除草剤
 抗菌グッズ
 園芸農薬
 シャンプー類
 防カビ剤
 防水スプレー
 ワックス類
 芳香剤
 他

・まとめ
 「予防原則」と「患者の人権」

でお願いいたしたいと思います。


                 2006年11月10日
             化学物質過敏症患者の会事務局

この記事へのコメント