【市民の方からのご意見など】2006.8/20,

【市民の方から】

私が住んでる所では2,3年ほど前から無人ヘリでの農薬散布が徐々に進んできています。我が家でも米を作っていますが美味しいお米を作りたくて何かいい方法は無いかと探し今は無人ヘリ(小型)で竹サク液を散布しています。最初は美味しいお米が出来れば良い、質が良ければ良いコストが掛らなければ良いと考えていたのですが、今では農薬が身体に悪いとわかってはいても使っていた事に考えさせられます。私の地域では農協推進の得策米を作っています。その説明会に行き話を聞くと行政を取り込んで農薬を売り込んでいるような気がしました。米が出来るまでに日程が組まれ4回も農薬を散布するのです。何か起きてもおかしくないと思っていた時、化学物質過敏症の事を知り「やっぱり・・・」と、主人と話しました。有機リンが入った農薬は外国でも使われなくなっているのになぜ日本では使用が許されるのか・・・疑問に思います。私が住んでいる家の回りでは主人が年々農薬を散布するのを減らすように声を掛け身体に害が無い竹サク液を散布するようにしています。これから先化学物質過敏症の患者さんが増えないことを願います。 ゴンちっち 2006.8/20

この記事へのコメント

手作り
2006年08月21日 11:23
群馬県の場合、空中散布は有人・無人に限らず実施しないそうです。特に無人のヘリの場合積載容量が少ないので、どうしても濃度が濃くなるので健康被害が出やすいそうです。空中散布は手で撒くのとは違い、広い範囲に飛散しやすく(無人のラジコンヘリでも)問題だそうです。
 ご提案いただき実施されている"竹さく液"についてですが、化学物質過敏症を発症した人の中には苦手な人も結構おりますので、ご理解いただけるとありがたいです。患者の中には"有機栽培"のお米が食べられないで、"無肥料栽培"のものを購入している人も居ます。
何でも"100%大丈夫・絶対大丈夫・全員に大丈夫"はないので、一人一人の声を聞くことが大切ですね。