【化学物質ニュース・その他、5月分】5/24~5/31

【2006年5月】

5/24「タバコ関係」
・ニコチンパッチも保険適用されるようになる。

5/25「タバコ関係」
・フィリップモリス・ジャパン社、7月からタバコ1箱30円程度値上げの予定→41銘柄から18銘柄に、値上げは30円から28円になる予定。

5/30「土壌汚染関係」
・東京大田区化学工場跡地(基準値の570倍のダイオキシン汚染)を地域と東京都がドラム缶6700本分の汚染土壌の除去をした。(コプラナPCB)3月までに処理が終了したので、"対策地域解除"にした。

5/31「塩ビのリサイクル関係」
・千葉県富津市の大手鉄工メーカーの、廃塩化ビニールを原料にリサイクルする工場に建設に、環境省と千葉県が8億円の助成をした。農業のビニールハウスや住宅建材の廃塩化ビニールを原料にするリサイクル率は、今までは2割リサイクル残りは埋め立てや焼却していたが、年間フル稼動すると100%になり、大人用の長靴1800万足分のリサイクルが出来ることになる。

5/31「有害化学物質流出関係」
・午後2時、日本ブチュー鹿島工場で劇物の臭素が配管から漏れて、44人が気分が悪くなったり目に異常を感じ、その内3人が入院した。


【その他情報、5月】
5/25「米BSE検査関係」
・目視で良いことに改定されそうな情勢
「ティシュ関係」
・25%値上げの方向

5/28「水俣病関係」
・関係した化学物質にアセトアルデヒドの存在があったそうだ。

【2006年6月分①】←クリックして下さい。

この記事へのコメント