2005年省庁交渉・要望5(追加分)

環境省への要望書

                        きれいな大気を守る会・津島   F.M.
1、【産業廃棄物は国の責任で処理とリサイクルしていただきたい。】
 産業廃棄物の処理は、事業者の責任で自社処理などを負かされているようで
すが、悪質な業者も居ることを充分に承知されていられると存じます。

2、【PCB廃棄物に関連する法令を確実に守るように指導と責任ある罰則を求めます。】
 A西市のMスクリーンM板会社の産廃置き場に、2005年5月頃から大量のPCB
類が野積みされているために、西南の住民は急に吐いたりして入院や点滴・
胃腸薬の服用が続きました。
 そして異常な目の痛み、体調不良、足の痛みが続きました。

3、【環境課の職員に、人の命を脅かす有害物質に対して、企業と環境と
国民のことを真剣に考えて、責任のある教育をお願いします。】

 愛知県の環境課K氏、海部事務所、津島市の生活環境課A氏に健康被害など
を訴えました。けれどもA氏は「治自体には権限が無い、規制の対象にならない
小さな会社だ。」と、海部事務所は大気汚染に関わる企業系のデーターも出し
してくれません。 法律が厳しくなる度に大気汚染が悪くなりました。
無許可で産廃処理をしていれば、調べられる事は無いとも聞きました。
 この会社は、2月は無許可でした。
                                            以上

この記事へのコメント