やすらぎ⑫「マイ・ルーム」かぼちゃたち

画像
写真は「かぼちゃたち」です。

・温室のあるお庭に、あるそうです。

・いろいろな大きさや色とりどりのかぼちゃです。

・後ろの焼き物のかめのような物は、雨水を貯めるための物だそうです。

・かぼちゃの種類は日本かほちゃです。

・ご家族のために美味しいかぼちゃ料理を、たくさん作られることでしょう。

この記事へのコメント

ゆめみる乙女でいたいな・・・
2004年10月13日 22:54
今、スーパーなど、市販されているカボチャは西洋カボチャが殆どなのだそうです。日本カボチャのほうがホクホクしておいしいんですよ!
手作り
2004年10月13日 23:27
◆乙女さんへ
私もその様にきいたことがあります。かぼちゃはお腹にたまりますね。
ご飯の代わりにかぼちゃ、ご飯の代わりにバナナ、ご飯の代わりにポテト、等やってます。かぼちゃはなるべく味を濃くしないように気をつけます。
かぼちゃの味噌汁も好きです。てんぷらもいいですし、かぼちゃ料理のレパートリーは、お菓子も含めて色々有りますね。
ラベンダー日記
2004年10月14日 02:38
かぼちゃと聞くとハローウィンを思い出します。アメリカのかぼちゃは不味くて美味しくなく、最悪でした。日本のかぼちゃほど美味しいものはありません。
はいむ
2004年10月14日 13:44
かぼちゃも大好きです。かぼちゃって、どうやって食べても美味しいですよね。今日は生協でかぼちゃが届いたので、どうやって食べようか・・思案しています。手作りさん、私もご飯の代わりにサツマイモなどをよく食べます♪
手作り
2004年10月14日 14:38
◆ラベンダー日記さんへ
やっぱり「食は日本」ですね。だから外国にはあまり住もうと思う気はおきませんが。ラベンダーさんはとてもお元気でいらっしゃるようですが、その秘訣というかモットーはどのようなことなのでしょうか?
宜しかったらお教えください。
手作り
2004年10月14日 14:50
◆はいむさんへ
かぼちゃはその時々で違いますが、いつも美味しくいただいています。
そのままでも結構甘いので、砂糖などは入れませんが薄味です。
お惣菜で売っているのは甘辛いのでうちのはかぼちゃの味だと思います。
皮は先日のかぼちゃは硬く口の中に残りました。
種はいつも一緒に煮ています。種も中を出して食べます。生を売っていないときは冷凍のかぼちゃを買うときもあります。
ただ煮るだけなので、今度は少し目先を変えて手を加えて楽しんで食べたいですね。