やすらぎ⑪「マイ・ルーム」おくら

画像
写真は「おくら」です。

・温室のあるお庭に、あるそうです。

・スーパーで売っている物より、大きくなります。

・逆立したようなかっこで育ちます。

・納豆の薬味にねぎの代わりに使うと、シャリシャリして美味しいです。

・おくらを薄く切るには、小さな鉋の様な刃のついた器具が便利です。

この記事へのコメント

ざしきちゃん
2004年10月13日 16:01
軽く塩湯でしておかかとお醤油で食べても美味しいね^^ぬるっとするから気をつけないとね。
ろぴまま
2004年10月13日 18:36
こんばんわ!美味しそうですね!
手作り
2004年10月13日 21:42
◆ざしきさんへ
茹でるとぬるぬるとぬめりが出るのは不思議ですね。
ぬめりが出るので、和紙をすく時にも使うくらいだそうですね。
おかかをかけて食べるのもおいしそう!
手作り
2004年10月13日 21:56
◆ろぴままさんへ
いらっしゃいませ。だいぶ涼しくなりましたので、温かいお茶でもお入れしましょう。今日の話題は「おくら」です。納豆に混ぜて食べると美味しいです。
生でも粘りが出てご飯が楽しいですね。
後は納豆に、ゆかり・おかか・黒すりゴマ・ねぎ・どんぶり(ほうき草の実)・卵黄・かいわれ・ブロッコリーの芽もやし等入れたことが有ります。結構美味しかったですよ。皆様はどんなものを混ぜていらっしゃるのでしょうね。
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2004年10月13日 22:59
私は、ミョウガ、大葉などと一緒に刻んで、お水に暫くさらした後、タッパーに入れて冷蔵庫に保存して、色んなものに、薬味として使うことがしばしばです。お味噌汁やお吸い物に加えたり、お豆腐にのせたり、あとはよくお弁当に登場の寿司飯と一緒に混ぜて、簡単薬味ちらしにしたり。色々な薬味と混ぜて、一緒に刻んでおくと随時使えて便利ですし、使い切る前に冷蔵庫の中でしなびてしまうこともなくおいしくいただけます!
手作り
2004年10月13日 23:34
◆おとめさんへ
おくらって買ってきてもすぐ食べないとしなしなしてきます。
乙女さんの様にすぐに刻んで、タッパーに入れて他の薬味と一緒にいろいろに使うのは、いいアイディアですね。私もこれからは真似させていただきます。
有難うございました。
ラベンダー日記
2004年10月14日 02:05
オクラ大好きで~す。夏はよくスーパーで見かけますが、冬になると姿がなくなり、ちょっとさびしい。オクラハ美肌効果もあると聞きました。
冷凍はできないのでしょうか?
はいむ
2004年10月14日 13:40
おくら、大好きです。乙女さんのような保存方法は初めて知りました。私も真似させていただきます!薬味美味しそうです。
うちではよく丸ごとおくらをゆでて、ドレッシングや味噌マヨネーズなどをつけて丸かじりサラダにします。アスパラやブロッコリーと同じ食べ方です。
手作り
2004年10月14日 14:58
◆ラベンダー日記さんへ
「おくら」をお好きな方は多いのですね。食べ方についてはあまり話題にならないので不思議です。「生」か「茹でる」かでしょうか。
美肌効果があるのは嬉しいですね。とっておくには「お酢」に浸けけたらどうかしら。凍らせるのもいいかもしれませんね。でも茶色くなりそうですね。
手作り
2004年10月14日 15:16
◆はいむさんへ
「おくら」は茹でるのがポピュラーのようですね。
私は食感的にパリパリ・シャリシャリしているのが気に入っています。
茹でて柔らかいのもぬるぬるしていいのですが、生で食べてからは出来れば生で食べたいです。
良く洗って生で食べられるものは生で、火を通さなければ食べられないものは焼いたり煮たりしています。何かとても原始的な感じですね。
化学物質に弱くなりますと考えも変わりまして、文明とは?文化とは?などと現代の世の中に疑問が生じてまいります。「サバイバル」の考えで乗り越えてきましたものですから。世の中も良い方向に進んでいってほしいものですね。