押し花ハガキ

画像
過敏症の市民会員さんが作った「押し花ハガキ」です。

花の種類はいろいろ有り、押し花に作れるそうです。
写真のお花の名前は「ノボタン」です。

・花の大きさは約7センチもあります。

・綺麗な紫色で良くできた作品です。

・ハガキ仕立てになっていますので、受け取った方は嬉しいですね。

この記事へのコメント

あやにゃん
2004年09月26日 16:23
こんにちわ^^ お久しぶりです!
ノボタンというお花、初めて知りました~。7センチもあるんですか!大きいですね~。手づくりの葉書きは送るほうも送られたほうも楽しくて嬉しいですね^^
テレビで、イチゴを押し花のようにしているのを見たことがあります。(押しいちご??) 
お花が生きているときとは違った美しさがありますね~。
 たるさん
2004年09月26日 17:07
こんばんは。過敏症の会員さんが作られた「押し花はがき」良く出来ていますね、私も以前は自分で作って親しい方にだけ出していました。でも手書きは大変ですよね、戴いた方は嬉しさでルンルンですよ。手作りさんは・・手作りではないですかね。
ベン
2004年09月26日 18:01
このハガキなこのまま出すのでしょうか。上に字を書くのが勿体無いですね。
pipimama
2004年09月26日 19:31
きれいですね。さっき「さくらんぼ」さんのところで見たのと同じかしら?
手作り
2004年09月26日 19:45
◆あやにゃんさんへ
コメント有難うございます。さくらんぼさんのお写真のと同じ花です。ちょうど昨年から葉書を預かっていたもので、会員の方が押し花にして上から透き通ったセロハンのようなもので押さえて「押し花ハガキ」にしたものです。
イチゴの押し花は私も見ました。中をくり貫いて押し花するんですよね。色々な果物で遣っていたのでびっくりでした。
色が難しいでしょうね。今度聞いて見ますが、乾かすのには乾燥剤でも使うのかしら?この葉書は出しません。イーゼルに載せて、記念に飾って有ります。
手作り
2004年09月26日 20:11
◆たるさんへ
私は「手作り」です。時々パソコンの気まぐれで「テ作り」になったりしています。さくらんぼさんの「紫紺野牡丹」のお写真と同じ花です。これは押し花にしてハガキにはったものです。過敏症の会員さんの作品です。手作りです。絵では有りませんが作品です。手先を動かすことは元気も出るので患者さんたちにはお勧めしています。私は以前油絵を描いていましたが、過敏症になってからはそばにあるだけで具合が悪くなるので描いていません。この頃良くなってきましたので、水彩・クレヨン・色鉛筆・コンテなどでマスクしながら描き始めています。粘土にも水彩絵の具などにも化学物質が入っていて体がぎりぎりしたり、息苦しくなります。子供さんも使うものですから、「安全」なものであってほしいです。
ゆめみる乙女でいたいな・・・
2004年09月26日 20:33
押し花作り、何種類か方法があります。

押し花様に作られた、湿気を吸うように作られた(?)板で挟んで、ゴムを掛けて、押す方法と、板で挟んだ後、電子レンジに入れて、乾かすやり方や、乾燥剤を使うやり方。

押し花の技術が高度になると、いったん、花を全部分解して、押した後、紙の上で本物の花のように、組み立てたりします。

やりだすとこれもかなり嵌るみたいです。

私も、以前、ちょこっとさわりだけ習ってみましたが、基本的に手先が不器なので、花を分解すると聞いただけで、凹んで辞めました。
手作り
2004年09月26日 20:39
◆ベンさんへ
コメントいただき有難うございます。
そうなんです。もったいなくて使えません。この一枚は小さなイーゼルに載せて、普段は飾って有ります。写真の下のほうの茶色い部分が、小さなイーゼルです。
学生時代のことですが、卒業制作は彫塑でした。卒業後も勤めながら制作もしていました。退職してからも楽しみでいろいろ描きたいと思うのですが、化学物質に邪魔されて残念です。いつの日か全てを「復活」させたいです。
手作り
2004年09月26日 20:59
◆pipimamaさんへ
コメントいただき有難うございます。pipimamaさんが元気になられて本当に嬉しいです。やっぱりB型ブログも賑わいますね。これからも無理なさらないでほしいですがまた宜しくお願いいたします。
今朝さくらんぼさんのきれいなお写真を拝見し、私のとこのろのも「ノボタン」と書いてあったのを思い出し、飾ってあった押し花ハガキを改めてみました。おしべが長く濃い紫色で押し花は7センチもあります。さくらんぼさんにも見てくださいとコメントを入れブログに載せさせていただきました。
pipimamaさんの先日の「簡単ケーキ」は印刷させていただきました。
そのうち私も作ってみたいと思いま~す。
ラベンダー日記
2004年09月26日 21:13
手作りっていいですよね。私が手作りで押し花コースターや、押し花栞を作ったときは、乾燥した花びらをプラスチックではさみ、それをファックスのような機会に入れて作りました。
手作り
2004年09月26日 21:21
◆乙女さんへ
いつも正確な情報をお寄せくださいまして感謝いたしております。
いろいろな乾燥法があるのですね。薬剤は使わないで多分遣っている方法ではないかしらと思います。電子レンジでも、板やボードに挟めば色は変わらないのでしょうね。
私もテレビで分解してまた組み立てる「押し花」みて仰天でした。
そこまで遣るのという感じでした。紫紺野牡丹は花の後ろがどうなっているのか分りませんが、分厚いものでしたら切って花びらを貼り合わせる方法になるのでしょうね。情報有難うございました。
手作り
2004年09月26日 21:49
◆ラベンダー日記さんへ
また別な押し花製作法ですね。有難うございます。
ラベンダー日記さんはご趣味が多くご経験が豊富でいらっしゃるようで、今後も色々教えてください。お作りになったらブログに載せて見せてくださいね。
押し花ハガキは花びらの上にはちょうど被さるように透き通ったプラスチック状の膜が張って有ります。ファックスのような物に入れて圧力をかけ真空にでもするのでしょうね。
ためちゃん
2004年09月26日 22:59
昨日の絵の具の件、顔料で自分で調合するのが有りました。今日の押し花ハガキも
素敵ですね。押し花にしてそれを材料にスケッチの上に色ずけしていくのも、優しい感じの色合いになりとてもきれいですね。私は見るだけですが・・
手作り
2004年09月26日 23:38
◆ためちゃんさんへ
コメント有難うございます。ご自分で調合するのが見つけられたとか、すごいですね。もしかして、日本画の絵の具でしょうか?その場で調合するのですから、自分に合わないものは使わなければいいのですものね。石や板にも描けそうですか?是非制作した結果をお知らせください。
東京の会員さんが作りました「押し花ハガキ」も素敵で評判良いですよ。いろいろな色の花びらで絵を描くのもいつだか見たことが有ります。
患者さんはリハビリで、楽しくやれればいいと思います。話の種にもなりますし、なにしろ気分が良くなり「回復」も早まり「社会復帰」にもつながることですものね。