手作り「かなりや通信」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【12/28商業地工場で禁止溶剤 】

<<   作成日時 : 2009/12/30 15:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<クリーニング>大手の「きょくとう」商業地工場で禁止溶剤

毎日新聞 12月28日02時40分

 全国に約800店舗を展開するクリーニング業界2位の「きょくとう」(福岡市)は27日、建築基準法が住宅・商業地での使用を禁じている引火性溶剤を全国18カ所の工場で洗浄に使っていたことを明らかにした。7月には業界3位の「ロイヤルネットワーク」(山形県酒田市)で同様の違反行為が発覚。きょくとうも法に触れることを認識していたが使用を続けていた。同社は現在、違反工場の移転を進めているという。
 会見した牧平年広社長によると、引火性のある石油系溶剤を使用しているのは東京、神奈川、福岡などの計18カ所の工場。工場開設時には、石油系溶剤を使うことを自治体の認可は得ていたといい、自治体も建築基準法違反の状態を見逃していた可能性がある。【岸達也】

【.クリーニング:住宅地で引火性溶剤を違法使用】−−「きょくとう」福岡など18カ所
 全国に約800店舗を展開するクリーニング業界2位の「きょくとう」(福岡市)は27日、建築基準法が住宅・商業地での使用を禁じている引火性溶剤を全国18カ所の工場で洗浄に使っていたことを明らかにした。7月には業界3位の「ロイヤルネットワーク」(山形県酒田市)で同様の違反行為が発覚。きょくとうも法に触れることを認識していたが、使用を続けていた。同社は現在、違反工場の移転を進めているという。
 会見した牧平年広社長によると、引火性のある石油系溶剤を使用しているのは東京、神奈川、福岡などの計18カ所の工場。工場開設時には、石油系溶剤を使うことをクリーニング業法に基づく開設届や消防法に基づく危険物取扱届などで自治体などの認可を得る必要があるが、18カ所の工場はいずれも自治体の認可は得ていたといい、自治体も建築基準法違反の状態を見逃していた可能性がある。

 また、同社は07年に東京都町田市に「不燃性溶剤を使う」と届け出た後、石油系溶剤用の設備を導入し、今年まで稼働させていた。
 石油系溶剤は乾燥が不十分な時は、火災が起きる恐れがある一方、不燃性の新フッ素系の溶剤よりも洗浄力が強い。不燃性溶剤に替えるには、専用の高額な洗濯機や乾燥機の導入が必要で、溶剤の変更が進まない背景にあるとみられる。7月に違反が発覚したロイヤルネットワークは、工場がある自治体の是正指導を受けた。

 牧平社長は「工場の移転準備を進めているが、実態として引火性溶剤は業界で最も利用されている。消防の査察も受けていたが、違反を指摘されたことはなかった。溶剤切り替えには多額の費用が必要で、中小業者に負担が大きい。監督官庁は業者の声も聞いてほしい」と話している。
 きょくとうは64年創業。福岡市博多区に本社を置き、資本金は5億5500万円。02年にジャスダックに上場し、09年2月期の売上高は約75億円。【岸達也、鈴木美穂】
【関連記事】
ジャスダック証取:「アジア圏で存在感を」松本学社長
毎日新聞 2009年12月28日 西部朝刊


 1995年私が具合悪くなったのは近くの建売住宅からの化学物質によるものであった。
自宅にいられなかったので、工事が終わるまで影響のない場所に3ヶ月家を借りていたことがある。
しかし、そこも30mぐらい離れたところに、住宅地なのにクリーニング店(作業所付き・殺菌もする)があった。
どういうわけかクリーニング店の作業所が始まり、30分ぐらいすると何かの気体がやってくる。
そして、とても具合が悪くなり、この世に居場所がないような気持ちになった経験がある。

 住宅地などの"生活環境中"のVOCの基準値を決めてほしい。目に見えない空気を問題にしない事は、
日本の都市計画の落ち度であると早くから私は思い言い続けてきた。
人間に優しい政治と言うなら、まず"生活環境中の空気"を早急にきれいにしてほしい!(12/30記 手作り)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【12/28商業地工場で禁止溶剤 】 手作り「かなりや通信」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる