手作り「かなりや通信」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【会の成り立ちと成果など】

<<   作成日時 : 2007/04/16 03:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【会の成り立ちと成果など】

【会のなりたちその他】

1995年、夏、水戸地裁で化学物質に過敏な人たちの存在を認められた
(和解)裁判の後、全国の患者が連絡を取りその年の秋に、化学物質過
敏症では初めての"患者が企画・実施する"患者団体として発足いたし
ました。

1996年3月「症例集」を自費出版し、毎日新聞・各紙に取り上げられ大き
な反響が有りました。翌1997年 「シックハウス」で国会質問がなされ、
その後、国での対策もはじめられました。
また、「全国患者会(現12回)」も開催がはじまり、2006年「関西大会
(現2回)」もはじまりました。
患者・家族・市民で「有害化学物質の規制・削減」の第1回目の署名も
集め、提出しました。

1998年8月「歯科治療の化学物質」を厚生省に訴え続けたら2003年に
添付文書が実現し、1999年2月「学校の化学物質被害の現状」を、母親
達と文部省にはじめて訴えに行ったら、その後6月には「シックスクール
の検討会」がつくられ、国は直ぐに動きはじめてくれました。

会報は「カナリヤ新聞」を経て現在は「かなりや通信」を発行し、1998年
ホームページも開設し現在はブログも内蔵した新しい形式で、患者の
体感からの情報をたくさん載せています。

【活動状況】

会報「かなりや通信」、政府交渉「1回に2省」、全国患者会「東京,関西」
、電話相談(会員のみ)、全国各地で面談、かなりや塾など年に2回ずつ
実施しています。不定期ですが会員からの希望で関連業界(建築,建設・
防虫剤工・自動車工など)に要望しました。署名は過去3回実施しました。
今後、「全国患者会」をNPO組織にして問題のある業界に、改善,要望
などを提出したいと思います。

※会費は年間1,000円です。  TEL 029-254-8994
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~chemicai/

【出版物】

1996年「症例集」と「イラスト集」を自費出版 
2003,4年「私の化学物質過敏症」(実践社)
2006年2,4月「化学物質を使う歯科治療は困る」(実践社) 
「全国患者会資料集(各回)」と「各年・各省の交渉記録集(毎回)」
 (患者の会) です。

                               以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【会の成り立ちと成果など】 手作り「かなりや通信」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる