手作り「かなりや通信」

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006.7/7の要望【農水省】の回答@ (要約)

<<   作成日時 : 2006/07/26 21:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

,,

【農水省への要望】←クリック,【資料と感想など】←クリック
【農水省の回答@】,【農水省の回答A】←クリック

1、「量り売り、店頭販売食品に対する"添加物"表示を
  義務付けること」

 (消費・安全局 表示・企画課)
  添加物に関しては食品衛生法 においても表示をしなければいけない。
 JAS法に関しても加工食品の品質全般について原材料その他内容・賞味
 期限を表示の義務付けを行なっていて、原材料を表示する中で使われて
 いる添加物についても、食品衛生法の内容に従って表示している。
  今回要望にあるように加工食品にも平成12年に、「どんな加工食品でも
 表示については、最低限の表示が施行される」とされた訳であるけれど、
 いわゆるその場で加工して売るような形態の物などには適応されていない。

  これはある意味添加物だけに限らず諸事項全般についても、売っている
 場所・他の工場も含めてどの様に認可をするのかしないのか・・・・・。
 強いて言えば他の問題も含め、加工食品ということで表示ができるか・・。
 包装されていたりもする等など・・・・。

  添加物は安全性の関係で食品衛生法の方とも大いに関係あることでも
 あり、直ちに実現するとはこの場でお約束はできないが、今日の様に色々
 言っていただいた事を参考にして考えたいと思う。

2、「害虫駆除剤の販売規制を早急にすること」

 (消費・安全局 農産安全管理課農薬対策室)
  危険な農薬が販売されていると言っても、農薬の中にも色々な種類があ
 りますが毒物・劇物に該当するような農薬に付きましては、毒劇法により
 まして販売するときに住所・氏名を書いてはんこをいただかないと売ること
 ができないことになっている。それ以外の毒物・劇物に当たらない農薬に
 ついては、ここに書いてあるように*普通に販売できる。
  
  これも平成14年に農薬取締り法を改定しました時に、農薬を使用する者
 が遵守する規準を定めた。農薬を使用する人が規準に違反して農薬を撒
 かないようになっている。それ以外にも法令ではないが、平成15年に住
 宅地等における農薬使用についての通知が出ている。これまでこういう
 通知は無くて画期的な通知と言われて、住宅地・学校・保育所・病院・
 隣接する公園については、なるべく農薬を使わないその他の方法で幇助
 してくださいとのお願いをしている。
  それからやむをえず農薬を使用する時は最小限に留めて、近隣の住民
 の方々にまずはお知らせをするというようなことをしてくれというようなこと
 をこれまでしてきた。

  これは平成15年の通知でありますが、一度出して終わりということでは
 なく、毎年ちょうど6月にその年の農薬の農薬の散布が始まるのが多くな
 りますので、農水省・厚生労働省・都道府県が一緒になりまして毎年6月
 は「農薬被害防止運動月間」ということで撒く農家の方・周辺の住民の方
 に危害が出ないように気をつけましょうというキャンペーンをやっており、
 それに合わせて住宅地の農薬使用の通知に絞って毎年周知徹底をして
 いただいているとろです。

  周知のあり方につきましては都道府県・市町村で色々濃淡があるよう
 ではありますが、熱心に取り組んでいる市町村においては農家だけに
 知らせておいてもしょうがないということで"市政だより"などに載せてい
 ただいて一般のガーデニングとか家庭菜園とかそういう時に農薬を撒く
 人にもお知らせいただいている市町村もあるようです。我々は優良事例
 を集めまして毎年6月に取り組んでおりますので、取り組みの弱い所に
 おいては優良事例を紹介して、主体的に取り組んでいただくことを徹底
 するようにしております。

  それから販売業者の説明につきましては、都道府県で[農薬管理指導
 士]という資格を与えて研修会・講習会をして農薬の知識を持っていただ
 く、そして販売する時には説明をしっかりしていただくというような事に取
 り組んでいますが、残念ながら義務付けまではいっておりません。
  ただこの様な運動を続けることによって農薬の販売規定の方にも意識
 を持っていただきたい。
【農水省の回答A】←クリック,【資料と感想など】←クリック

3、「農業用具の薬剤添加を表示すること」

 (消費・安全局 農産安全管理課農薬対策室)
  (続く)

4、「農水省からの法令・通知・お知らせなどの周知徹底を
  はかること」

 (生産局 野菜課)
  (続く)

5、「農業用水路に生活雑廃水やお店(工場)の雑廃水の流入を禁止
  すること」

 (生産局 農産振興課環境保全型農業対策室)
 (農村振興局 土地改良企画課・地域整備課・水質整備課)
  (続く)

6、「有機リンや有機溶剤は深刻な健康被害をもたらすので、市民・
  各業界に自粛させること」

 (消費・安全局 農産安全管理課農薬対策室・植物防疫課)
  (続く)
【農水省の回答A】←クリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006.7/7の要望【農水省】の回答@ (要約) 手作り「かなりや通信」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる